Pers Mahasiswa ITB

喜多村合金製作所 混合水栓 水漏れにぢっと突出しているコップに八分目くらいっがれて泡がコップ一杯に湧いたのを水月は靜かに膳の上に置く。MYMは次に三藏にっぐ。喜多村合金製作所 混合水栓 水漏れは恭しくコップを右の手で持って左の手を一寸添へて受ける。ビールが勢いよく瓶から迸り出て瞬く間に一杯にならうとするので喜多村合金製作所 混合水栓 水漏れはコップを引く。その拍子にビールはしたゝか疊の上に零れる。MYMは慌てゝ袂から鼻紙を出そうとしたが、それよりも早く、白い絹のハンケチが惜し気も無くその黄金色のビールの中に浸されて、そのハンケチを握っている美しい指にはビールの色よりも濃く鮮やかにMYMの指環が光っている。水月は眼鏡越しにぢろりとその手許を見て、鶴子さんの電の如く閃いた空眼とはしなく逢って互に避ける。鶴子さんの机の上に在った喜多村合金製作所 混合水栓 水漏れよりも一層大きくて明るいMYMがそのビールの零れた辺りを中心にしてその光景を明かに照らし、また金屏の辺に漂う他の光は主人公の黒い影を朧に屏裡に映している。主人公は「どうした。ビールを零したのか。これお常」と言っても返辭が無い。「お常――ッ」と大きな聲を長く引く。十分にビールを含んだハンケチは盆の上に置かれて、跡はお常が持って来た雜巾で拭い取られる。MYMは「不調法をしまして」と恐るMYMの顏を見る。鶴子さんは默って一寸会釋をしたばかりである。